東京五輪男子マラソンまで、あと1年。学生時代、陸上部に所属していた竹内達朗記者(49)と太田涼記者(28)が閉会式当日に行われる花形種目を最高気温34・4度、今年一番の猛暑の中、体験した。42・195キロのうち、新国立競技場内のスタート、ゴールを除いた約41キロを半分ずつに分けて走破。勝負のポイント、過酷さを体を張って伝えます。

 ◆「谷口浩美さんが…」前半担当・竹内達朗記者

 真夏のマラソン体験取材。私と太田記者以外であればパワハラとなりそうな仕事だが、仕事よりランニング好きな2人は「喜んで!」と挑戦した。

 本番と同じく午前6時のスタートに合わせて新国立競技場前で準備していると、1991年東京世界陸上男子マラソンで栄光の金メダルを獲得した谷口浩美さんがテレビ局スタッフを引き連れて登場。同様の体験企画だろうが、格が違う…。いきなりビビったが、辞めるわけにはいかない。リポート中の谷口さんに先駆けて定刻にスタートした。

 外苑西通りを北上し、約2キロの富久町西の交差点を右折すると、エネルギーあふれる夏の朝の太陽が正面から体を焼き付けた。約8キロの小川町付近も早朝からの直射日光がまぶしかった。

 ただ、まだ低い太陽はビルに遮られることが多く、20キロ地点まで90%以上は日陰を走ることができる。その分、日なたを走る時は体力メーターが急激に減っていくことを実感するが。

 15キロの雷門前を順調に通過し、太田記者が待つ中央通りの高島屋前へ。ここは箱根駅伝10区のコース。正月、学生ランナーを苦しめるビル風が真夏は心地良い。信号待ちを含めて約20キロをほぼ予定通り2時間4分で走破。谷口さんに抜かれなかったことは私のランナー人生において勲章になった。

 夜明けの涼しさが残る前半は余力をたっぷり残すことがメダル争いの絶対条件。私が中間点にたどり着いた時、五輪ランナーは、間もなくゴールという時間になるだろう。確かに暑いが、午前8時頃までなら、辛うじて耐えられる暑さだった。序盤、果敢に飛び出す選手がいれば、超人たちの争いは高速決着になるかもしれない。

 ◆竹内 達朗(たけうち・たつお)1969年11月6日、埼玉・戸田市生まれ。49歳。88年、川口北高から東洋大に入学。箱根駅伝には3回出場も1年8区14位、2年3区13位、3年3区14位とブレーキ連発。4年時は予選会で敗退。泣く泣く競技の道を断念し、92年に報知新聞社入社。以来、サッカー、ゴルフ、陸上など担当。足で稼ぐ取材が身上で、青学大の原監督に「昭和の記者」と呼ばれている。フルマラソン自己記録は2時間21分台。

 ◆ずっと直射日光…後半担当・太田涼記者

 ランナーとしてより、人としての生存本能が勝った。竹内記者から魂のタスキを受けて、日本橋を駆け抜けるまでは快調。ほぼ日陰、たまに吹くビル風も爽やかだ。出勤するサラリーマンをかわしながら、銀座を過ぎ、気温の高さを実感しながら増上寺で折り返し。汗で次第に重くなるシャツ。ミネラルを失い、つりそうになる脚。それでも、予想した暑さを超えることはなかった。ここまでは。

 31キロ付近、神保町から左折した瞬間、クラッときた。前方に見えるのは全く日陰のない、皇居沿いの内堀通り。陽炎(かげろう)ゆらめく幻想的な景観を前に、思わずギアチェンジ。正確には、3段階くらい落とした。「このペースで踏み込んではいけない」と本能が告げていた。直射日光にさらされ続けた約4キロは、スタミナを根こそぎ奪うのに十分な距離だった。

 これまで、競技者として陸上競技に取り組んだが、ここまで過酷な環境下での経験はない。もっと長い距離を、もっと速いペースで走ったことはある。北海道での合宿や、早朝の涼しい時間の朝練習、夕方も日が落ちてからのトレーニングと質の高さを求めて積み上げてきた。恵まれた環境で走ってきた光景が走馬灯のようによぎるほど、地獄を感じた。

 魔の4キロを抜けた後は、ダメージが残る体を必死に動かし続けた。40キロ過ぎの上り坂も、急だったはずだがあまり記憶にない。ゴールこそしたが、唯一走れなかった新国立競技場のマラソンゲートからトラックまではおそらく約200メートルで3階層分上る必要がある。未知の世界への恐怖を抱くと同時に、1年後の極限の戦いに思いをはせた。

 ◆太田 涼(おおた・りょう)1991年7月8日、福島市生まれ。28歳。2010年に順大スポーツ健康科学部入学。1年生で1万メートル31分1秒34。3年から長距離マネジャーを務め、4年時は駅伝主務。14年に報知新聞社入社、レイアウト担当を経て18年から取材記者として陸上、箱根駅伝、大相撲などを担当。フルマラソン自己記録は12年ロサンゼルスでの2時間33分41秒。

 ◆8月9日の東京の天候 年間を通じて最も暑い日と言っても過言ではない。この日の最高気温は今年ここまで一番暑かった7日と並ぶ36度に達した。2016年、17年も2年連続で、その年で一番の最高気温を記録した(それぞれ37・7度、37・1度)。最高気温に達する午後2時前後は危険すぎる暑さになる。