宇都宮ブレックスの田臥勇太さんが第1回「HIGEMEN AWARDS2019」を受賞し、新たな勲章を手にいれた。

8月8日は漢字の「八」がヒゲの形に似ていることから「ヒゲの日」とされている。そんな「ヒゲの日」を記念して、「HIGEMEN AWARDS 2019」が開催された。


写真左から 佐藤寛太さん、佐々木蔵之介さん、テリー伊藤さん、武田真治さん、田臥勇太さん

・合わせて読みたい→
筋トレ男子はモテる!?女性が筋トレをしている男性のことを魅力的に感じる理由とは(https://cocokara-next.com/motivation/muscle-training-men-is-popular-among-st/)


 ヒゲが自分を表現するスタイルの一部となった今、ヒゲスタイルを楽しんでいる男性を「ヒゲメン」として表彰する初の試み。

 ウェットシェービング国内トップシェアを誇るシック・ジャパンの村野一社長は「以前はヒゲを剃るのが当たり前の時代でしたが、働き方や生き方が変わり、自由度が増し、ヒゲを自分のスタイルとして楽しむ人が増えてきました。多様性を大切にする時代に、ヒゲを剃る人やいろいろなスタイルのヒゲを楽しむ人など、自分らしさを追求する全ての人をサポートする、そんな思いが込められている」と企画意図を語った。

 スポーツ界からは、バスケットボール選手としておしゃれなヒゲスタイルを定着させたとして、宇都宮ブレックスの田臥勇太さんが受賞。

 また、芸能界からはヒゲあり、ヒゲなしでさまざまな役柄を演じ分ける実力派俳優の佐々木蔵之介さん、今秋ヒゲのある役柄に初挑戦する注目の若手俳優佐藤寛太さん、現在放送中のTBS連続ドラマ「凪のお暇」でヒゲを生やしたスタイルで出演している武田真治さん、ヒゲをファッションの一部として体現しているテリー伊藤さんが選ばれた。

 大学時代からヒゲを伸ばし始めたという田臥さんは、「プロになってヒゲを剃ったら、童顔なので一人だけ高校生が混じっていると言われた。それからヒゲを剃るのをやめようと思った」とヒゲを伸ばしている理由を告白。「量や形にこだわって整えている」と語り、「ヒゲがくせ毛なので、(他の受賞者の)ツンツンした感じがうらやましい」と意外なコンプレックスを吐露した。

 テリー伊藤さんは「ヒゲはお金のかからないファッション。ほうれい線も隠れる」とヒゲの魅力を話し、武田さんも「カミソリでヒゲを剃ることはピーリング効果もあるのかなと思う。肌がスッキリしてツルツルになる」と、ヒゲを楽しむ方法を明かしていた。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]