水泳の世界選手権第15日は26日、韓国・光州で競泳各種目の決勝があり、男子200メートル平泳ぎで渡辺一平(トヨタ自動車)が2分6秒73で2大会連続の銅メダルを獲得した。アントン・チュプコフ(ロシア)が渡辺らが持っていた世界記録を0秒55上回る2分6秒12で2連覇を果たした。男子200メートル背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)は1分56秒52で5位だった。

 男子800メートルリレー予選の日本は7分9秒23で9位。上位12チームに与えられる東京五輪の出場権を獲得したが、決勝には進めなかった。

 準決勝は、男子50メートル自由形の塩浦慎理(イトマン東進)が7位で27日の決勝に進出。男子100メートルバタフライの水沼尚輝(新潟医療福祉大職)が9位、女子200メートル背泳ぎの酒井夏海(スウィン美園)が11位でともに決勝進出を逃した。(記録は共同)