平昌五輪フィギュアスケート女子の金メダリストでロシアのアリーナ・ザギトワ選手が24日、首相官邸で安倍晋三首相と面会し、秋田犬保存会から贈呈された愛犬「MASARU(マサル)」の成長を報告した。ザギトワ選手は、近くマサルを連れて秋田へ「里帰り」をすると約束した。

 ザギトワ選手はアイスショー出演のため来日中。昨年5月にモスクワ市内であった秋田犬保存会主催のマサルの贈呈式には、首相も立ち会った。首相が「秋田県の皆さんも、マサルの里帰りを楽しみにしている」と呼びかけると、ザギトワ選手は「近くぜひマサルと日本を訪問する機会をつくりたい」と応じた。

 ただ、マサルは飛行機を怖がるといい、「一緒に機内に連れ込めればいい」と直訴。首相は「よく相談したいと思います」と苦笑いした。