陸上短距離の小池祐貴(住友電工)が20日、ダイヤモンドリーグ・ロンドン大会の男子100メートルで日本歴代2位タイの9秒98(追い風0・5メートル)をマークした。9秒台に突入した日本選手は、今年6月に9秒97(追い風0・8メートル)の日本記録をマークしたサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)、2017年9月に9秒98(追い風1・8メートル)を出した桐生祥秀(日本生命)に続いて3人目。

 小池は今季、5月のセイコーゴールデングランプリで自己最高を更新する10秒04をマーク。6月の日本選手権ではサニブラウンらに競り負けて3位に終わったが、好調を維持していた。

■小池祐貴の話

 「ここで(9秒台を)出せないようだったら、世界選手権は戦えないと思っていた。そういうプレッシャーを自分にかけていた。(9秒台を出した時は)ああ、自己ベストいけた、と思いました。(9秒台は)出る時は出るので。もうちょっと速くなれる」

■男子100メートルの日本歴代10傑

  記録 選手名 達成年 

(1)9秒97 サニブラウン・ハキーム 2019

(2)9秒98 小池祐貴 2019

(2)9秒98 桐生祥秀 2017

(4)10秒00 伊東浩司 1998

(4)10秒00 山県亮太 2017

(6)10秒02 朝原宣治 2001

(7)10秒03 末続慎吾 2003

(8)10秒07 江里口匡史 2009

(8)10秒07 多田修平 2017

(10)10秒08 飯塚翔太 2017

(10)10秒08 ケンブリッジ飛鳥 2017