19・20日、世界選手権前最後の国際大会、リードW杯2019第3戦がフランス・ブリアンソンにて開催される。

 同会場でのパラクライミング日本代表の活躍から中1日。その勢いに乗じるべく、スポーツクライミング日本代表は男子7名、女子6名がエントリーした。その顔触れは、先週のシャモニー大会から波田悠貴や谷井菜月ら一部メンバーを除き、ほとんどが入れ替わる形となった。

 名を連ねたのは、今シーズン国内3位の清水裕登や、2年ぶりのW杯出場となる大田理裟など、男女ともリードのスペシャリストたちだ。今季初出場の選手が多く占める一方で、ここまで全戦に帯同している最年少の谷井には、デビューから3大会連続での決勝進出に期待がかかる。世界選手権代表に内定している土肥圭太のパフォーマンスにも注目したい。

 ブリアンソンでのW杯を終えると、次に控える国際大会は8月11日からの世界選手権八王子大会。その調整に充てるため、オーストリアのヤコブ・シューベルト、ジェシカ・ピルツなど、一部の海外有力選手が今大会を欠場する。その枠が空いた分、他の選手たちにとってはチャンスでもある。フレッシュな日本代表の面々が、W杯欧州3連戦の締めくくりで上位を狙う。

リードW杯2019 フランス・ブリアンソン大会

スケジュール

7月19日(金)
08:30 ~ 15:00/男女予選(15:30 ~ 22:00)
19:30 ~ 22:00/男女準決勝(20日 02:30 ~ 05:00)※ライブ中継
7月20日(土)
20:00 ~ 21:00/男子決勝(21日 03:00 ~ 04:00)※ライブ中継
21:30 ~ 22:30/女子決勝(21日 04:30 ~ 05:30)※ライブ中継

※スケジュールは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※カッコ内は日本時間。

日本代表 出場予定選手

<男子>
清水 裕登(愛媛県山岳連盟)
高田 知尭(鳥取県山岳・スポーツクライミング協会)
田中 修太(神奈川大学)
土肥 圭太(鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟)
西田 秀聖(天理高等学校)
波田 悠貴(日本体育大学)
本間 大晴(日本大学)

<女子>
大田 理裟(山口県山岳・スポーツクライミング連盟)
栗田 湖有(東京学館新潟高等学校)
小武 芽生(エスエスケイフーズ)
谷井 菜月(橿原学院高等学校)
平野 夏海(国士舘高等学校)
廣重 幸紀(福井県山岳連盟)

※左から氏名、所属先

CREDITS

編集部 /

写真

IFSC/Eddie Fowke