2020年東京パラリンピックの聖火リレーで、千葉県は17日、県内ルートの概要を公表した。県によると、来年8月19日に県内各地から火を集め、約120人のランナーがそれを持って競技会場となる千葉市内を巡る計画だ。

 この日あった県の「パラリンピック聖火リレー準備委員会」の初会合で明らかになった。

 パラリンピックの聖火リレーは来年8月13~25日、全国で実施される。県内では期間中の19日、県内各地から火を集める採火式から聖火リレー、東京へ聖火を送り出す出立(しゅったつ)式まで一連の「聖火フェスティバル」を行う予定だ。