7月9日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の第13回戦は、3対2で福岡ソフトバンクが勝利した。福岡ソフトバンクが初回に3得点し、投手陣が点差を守りきり連勝を飾った。

 試合は初回から大きく動く。1回表、先頭の秋山翔吾選手が福岡ソフトバンクの先発・高橋礼投手から右翼フェンス直撃の三塁打を放つと、3番・外崎修汰選手の遊ゴロの間に秋山選手が生還し、1点を先制する。

 

 しかし福岡ソフトバンクもすかさず反撃。先頭の牧原大成選手が守備の乱れで出塁すると、続く福田秀平選手が埼玉西武の先発・十亀剣投手から8号2ランを放ち、すぐさま逆転に成功する。さらにデスパイネ選手・松田宣浩選手が四球で出塁し2死1,2塁と好機を得ると、7番・上林誠知選手が適時打を放ち、3対1とした。

 試合はしばらく静かな展開が続くが、再び中盤に動きを見せる。5回表、埼玉西武は鈴木将平選手、秋山翔吾選手の連打で1死1,3塁とチャンスを作ると、源田壮亮選手の投手強襲の内野安打で1点を返す。

 

 高橋礼投手は5回2失点でマウンドを後に託した。高橋投手は「コントロールに苦しみ、ストライクゾーンで勝負するという自分らしい投球ができなかった。リズムが悪くて球数も多くなり、5イニングしか投げることができず、中継ぎの方に本当に申し訳ないです。この試合にチームが勝てるように、ベンチでしっかり応援します」と自身の投球を振り返った。

 その後は高橋純平投手、嘉弥真新也投手、加治屋蓮投手が無失点リレーでつなぎ、9回は甲斐野央投手が走者を背負うものの、無失点に抑え、試合終了。

 福岡ソフトバンクと埼玉西武の3連戦・2戦目は、3対2で福岡ソフトバンクが制した。勝利したソフトバンクは初回に切り込み、中盤に1点差に迫られるものの、投手陣が快投した。敗れた埼玉西武は先発・十亀剣投手が7回3失点自責点1と好投するものの、打線がチャンスをものにできなかった。 文・粟盛優佳