大相撲名古屋場所(7日初日)に向け、瀬戸市に宿舎を置いた尾車部屋に2日、招き猫をあしらった化粧まわし「いただきます」が贈られた。

 化粧まわしには、招き猫がおにぎりを手にふすまから登場する様子が描かれている。おむすびのししゅうや稲穂もあしらわれ、幕内の友風関が笑顔で試着した。

 化粧まわしを制作したのは、東京都東村山市の有田ひろみさん・ちゃぼさん親子。瀬戸市で昨年開かれた「にっぽん招き猫100人展」で大賞を受賞した。9月の「にっぽん招き猫大賞作家展」で力士に関連した作品を展示するため、約1カ月かけて仕上げたという。有田さん親子は「夢のような気分です。おむすびをたくさん食べて大きい力士になってほしい」。(松永佳伸)