プロバスケットボール・Bリーグ1部の滋賀レイクスターズは今月28日から8月4日まで、U15(15歳以下)チームに所属する南口直樹選手(15)と石原海翔(かいと)選手(14)を、米プロバスケットボールNBAダラス・マーベリックス主催の育成キャンプに派遣する。大津市のレイクス事務所で発表した。

 南口選手は草津市立高穂中学校3年生で身長178センチ、体重66キロ。ポジションはフォワードで「本場で一生懸命プレーし、力をつけて帰国したい。将来はNBA選手となって、どのチームでもエースとして活躍できるようになりたい」。

 石原選手は大津市立堅田中学校2年生で173センチ、63キロ。同じくフォワードで「夢はNBA選手でいいチャンス。ジャンプシュートなどが得意で、どこまで通用するかを学びたい」と参加への思いを話した。