プロバスケットボールBリーグ・秋田ノーザンハピネッツの新ヘッドコーチに決まった前田顕蔵(けんぞう)氏(37)が28日、秋田市で就任の会見をした。「私にとって大きな挑戦。今までのスタイルを進化させて、チャンピオンシップ進出をめざす」と抱負を語った。

 前田氏は2015年から4年間、ハピネッツのアシスタントコーチを務め、ジョゼップ・クラロス氏と長谷川誠氏の2人の歴代ヘッドコーチを支えてきた。「ハピネッツに育ててもらい、恩に感じている。これまで学んだことを出せるチャンスだと思い、就任を引き受けた」と話した。

 同席した水野勇気社長は「昨季まで築き上げた、激しいディフェンスのスタイルをゼロにしたくなかった。チームの方向性を一番理解している前田氏が適任だと考えた」と述べた。

 来季に向けて、前田氏は補強のポイントに「ディフェンス力」「シュート力」「経験値」の3点を挙げた。特に守備については、昨季の弱点を「初めの8秒間のプレス(相手に圧力をかける)ができていなかった」と分析。「ディフェンスに新しい仕掛けを入れて、強いハピネッツになります」と意気込んでいた。(渡部耕平)