フィギュアスケートのアイスショー「ドリーム・オン・アイス」が28日、横浜市で行われ、昨年のグランプリ(GP)ファイナルを制した紀平梨花(関大ク)や全日本女王の坂本花織(シスメックス)らが出演した。3月の世界選手権を制した男子のネーサン・チェン(米)、女子のアリーナ・ザギトワ(ロシア)もオープニングから登場し、喝采を浴びた。

 紀平は新シーズンのエキシビションを披露。この日は4回転ジャンプを跳ぶ場面はなかったが、「跳べるようになってきている。今からちょっとずつプログラムに入れて練習していきたい」と4回転サルコーの仕上がりは順調なようだ。また、新シーズンのフリーでは、4回転サルコーに加えて、トリプルアクセル(3回転半)ジャンプ2本を組み込むことも明かした。

 坂本は赤い衣装に身を包み、新シーズンのショートプログラム(SP)の「ノールーツ」を滑った。「ステップが難しい。何回もこけた」とアップテンポな曲調に苦しむこともあるという。明言しているトリプルアクセルへの挑戦については、「軸がぶれずに跳べるようになってきた。フリーで1本いれたい」と話した。

 チェンは昨季のフリープログラムを滑った。4回転トーループを着氷させるなど、切れ味のあるさすがの滑りで観客を魅了。白色の衣装を着たザギトワは昨季のSP「オペラ座の怪人」を滑った。

 紀平らのライバルになると目される、新シーズンからシニア参戦する世界ジュニアを2連覇したトゥルソワ(ロシア)らも登場。会場は大いに盛り上がった。(大西史恭)