2020年東京五輪・自転車ロードレース競技のテストイベントが7月21日に行われるのに合わせ、県内のコースとなっている相模原市と山北町の道路が交通規制される。相模原市内は同日午前11時50分~午後3時40分、山北町内は午後2時半~5時40分の予定。

 テストイベントは五輪本番と同じく両市町を通り、同市緑区から道志川沿いに山梨県に至る国道413号の通称「道志みち」などをトップアスリートが駆け抜ける。

 当日はコースや周辺の一部道路で車両のほか、歩行者の通行が禁止され、コースの横断も規制される。とくに同市緑区の橋本周辺エリアの道路は渋滞が予想され、注意が必要だ。市はマイカーの利用を控え、公共交通機関を利用するよう呼びかけている。