DeNA―日本ハム2  9回DeNA1死二塁、サヨナラ二塁打を放ち、一塁へ向かう大和=横浜【写真提供:共同通信社】


■大和(横浜DeNA)
○7−6 vs北海道日本ハム(横浜スタジアム)
打撃成績/三ゴロ、右飛、右飛、左2①

 横浜DeNAの大和が19日の北海道日本ハム戦で移籍後初のサヨナラ打を放ち、チームを勝利に導いた。

6対6の同点で迎えた9 回、1死2塁の場面で打席に入ると、「いい投手だし、最初からどんどん行かないと、追い込まれたらチャンスがなくなる」と石川直也の初球、真ん中低めのカーブを左中間に弾き返すタイムリー2塁打。これが阪神時代の2013年6月29日の広島東洋戦以来、移籍後初となるサヨナラ打となった。

歓喜の渦の中、チームメイトからの手荒い祝福を受け、「本拠地でサヨナラ打は嬉しいですし、みんなに喜んでもらえるのも嬉しかった」と大和。「田代さんが『お腹が空いたんでこの回で決めてくれ』と言ったんで…」と田代チーム打撃コーチからの“特別指令”の存在を明かして笑みを見せると、本拠地ファンの歓声を一身に浴びた。

これでチームは5年ぶりとなる交流戦勝ち越しに王手。セ・リーグ順位では3位・阪神に2ゲーム差に迫り、交流戦順位では首位・福岡ソフトバンクと0.5ゲーム差とした。3打席凡退の後の4打席目で殊勲打を放った31歳の大和は、「接戦のゲームを勝てるのはチームにとってプラス」とチームの勢いに手応えを見せていた。