6月17日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと中日の「日本生命セ・パ交流戦」第3回戦は、4対5で千葉ロッテが惜敗。交流戦に入ってから4カード連続の負け越しとなった。

 プロ初登板となった千葉ロッテ先発のドラ5ルーキー・中村稔弥投手は、初回から2イニング連続で3者凡退に抑える完璧な立ち上がりを披露。そんな新人に触発された打線は2回裏、先頭のレアード選手が四球で出塁、続く中村奨吾選手の9号2ランで2点を先取。好投する中村稔投手に先制点をプレゼントした。

 援護を受けた中村稔投手は3回表も3者凡退に抑える快投を続けたが、4回表に中日打線につかまった。内野安打と四球で無死1,2塁のピンチを招くと、大島洋平選手、ビシエド選手に連続タイムリーを浴び、2失点。続く高橋周平選手は三振に打ち取ったが、二塁手・中村選手の落球で勝ち越しを許すと、藤井淳志選手にもタイムリーを浴び、この回4失点。2巡目を抑えることができず、2対4とリードを譲ってしまった。

 中村稔投手は6回表に1点を失ったところで降板。無死1塁の場面で後を託されたチェン投手が2イニングを無失点でつなぐと、7回裏に打線が反撃。清田育宏選手、岡大海選手の連打で1点を返すと、2死から荻野貴司選手にもタイムリーが生まれ、4対5と1点差に詰め寄る。

 1点を追う千葉ロッテは8回表を唐川侑己投手、9回表をブランドン投手がそれぞれ無失点でつなぐと、9回裏、岡選手の安打と野選で、無死2,3塁と一打サヨナラの場面を作ったが、中日・R.マルティネス投手の前にあと一本が出ず、4対5で試合終了。

 敗れた千葉ロッテは、プロ初登板の中村稔投手が5.0回5安打2四死球5失点のほろ苦デビュー。打線も終盤の好機であと一本が出なかった。