富山市出身で、大相撲夏場所で幕内優勝した朝乃山(25)の凱旋(がいせん)パレードが16日に同市内で行われた。紋付きはかま姿でオープンカーに乗り、沿道に集まった約2万5千人(富山県発表)から大きな声援が送られた。

 午後3時半ごろ、県庁前で出発式があり、同市立呉羽小6年の石井翔大さん(12)と同市立芝園小6年の上野来夏(こな)さん(11)が朝乃山に花束を贈った。その後、朝乃山はオープンカーに乗り込み、パレードに出発。県庁前から富山城址(じょうし)公園や県民会館などの前を通り、県庁前に戻った。

 氷見市の中学2年塩本怜蓮(れん)さん(13)は「近くで見ると体がすごく大きかった。これが優勝力士かと思った」。同級生の谷内成龍(せいりゅう)さん(13)は「ずっと富山県民を笑顔にできる力士でいて欲しい」と話した。