6月16日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと阪神の「日本生命セ・パ交流戦」第3回戦は、延長戦の末5対5で引き分けとなった。

 オリックス先発・田嶋大樹投手の好投が光る一戦となった。田嶋投手が5回まで阪神打線を無安打に封じる快投を見せると、オリックス打線は4回裏、2死2塁で大城滉二選手が適時二塁打を放ち、1点を先制する。続く5回裏には2死1,3塁のチャンスで吉田正尚選手の適時打、中川圭太選手の2点適時打、大城選手の適時打が飛び出し、5対0とリードを大きく広げた。

 援護を受けた田嶋投手は、6回表も阪神打線を無安打に封じる。しかし、7回表に初めての安打を許すと、次打者に四球を与えたところで降板。代わったディクソン投手は適時打などで3点を失ってしまい、2点差に詰められた8回表は海田智行投手が無失点に抑えて逃げ切りを図る。

 だが9回表、守護神の増井浩俊投手が崩れた。2死1,2塁のピンチを招くと、代打・福留孝介選手に同点適時二塁打を浴び、試合はここにきて5対5の振り出しに戻ってしまう。増井投手の後を受けた近藤大亮投手が逆転までは許さず、試合はそのまま延長戦に突入した。

 10回表を近藤投手が無失点で抑えると、直後の10回裏、オリックスは2死2,3塁の決定機を迎えるも、後藤駿太選手が一ゴロに倒れる。11回裏にも1死3塁の好機を作ったが、あと一本が出ない。12回表には比嘉幹貴投手が2死1,3塁のピンチを空振り三振でしのいだが、12回裏は3者凡退に倒れて試合終了。5対5で引き分け、2試合連続のサヨナラ勝利はならなかった。

 先発の田嶋投手は、白星ならずも7回途中2失点の快投だったが、「最後のイニングは前回登板と同じようにランナーを残して降りてしまったので、リリーフ陣に申し訳ないですし、悔しい終わり方になってしまいました」とコメント。ただ「全体的には四球も少なく、打たせて取ることができましたし、リズムよく投げられたと思います」と手応えを口にした。 文・山下虎太郎