6月16日、札幌ドームで行われた北海道日本ハム対巨人の「日本生命セ・パ交流戦」第3回戦は、北海道日本ハムが3対7で大敗。交流戦初のカード負け越しを喫した。

 北海道日本ハムは巨人のエース・菅野智之投手の立ち上がりを攻めた。初回、1番・西川遥輝選手、2番・大田泰示選手の連打で先制に成功。さらに、4番・中田翔選手、6番・渡邉諒選手もタイムリーを放ち、この回一気に3点を奪う。

 しかし、直後の2回表、北海道日本ハムの先発・杉浦稔大投手が巨人打線に捉えられる。先頭の4番・岡本和真選手、5番・大城卓三選手の連打や四球などで1死満塁のピンチを招くと、暴投で1点を献上。さらに9番・炭谷銀仁朗選手、2番・坂本勇人選手のタイムリーなどで、この回5点を失ってしまった。

 その後、杉浦投手は4回途中6失点で降板。西村天裕投手にスイッチするが、こちらも安定せず。5回表には犠飛で1点を献上し、3対7と大差をつけられる。

 しかし、西村投手の後を受けた玉井大翔投手、浦野博司投手、井口和朋投手は、強力巨人打線を相手にノーヒットピッチングでつなぎ、味方の反撃を待った。そんな中継ぎ陣の力投に応えたい打線だったが、初回の失点以降持ち直した菅野投手を捉えられず、3回以降、7回までノーヒットに抑えられてしまう。

 4点ビハインドで迎えた最終9回裏は、先頭の渡邉諒選手が巨人のクローザー・中川皓太投手から振り逃げで出塁するも、後続が続かず試合終了。

 3対7で敗れた北海道日本ハムの先発・杉浦投手は、降板後「点を取ってくれたあとに逆転されてしまい、申し訳ない気持ちしかありません。最少失点で切り抜けないといけませんでした」と振り返った。交流戦はここまで勝率7割と好調だった北海道日本ハムだが、相手エースに打線がピシャリと抑えられ、悔しい連敗となった。 文・後藤万結子