<日本生命セ・パ交流戦:オリックス6-4阪神>◇14日◇京セラドーム大阪

阪神は攻めの代走攻勢で2点をもぎ取った。7回。先頭原口が右前打で出塁すると、矢野燿大監督は代走に荒木を選択。

続く梅野の送りバントで二塁まで進み、マルテの左前適時打で生還した。さらにベンチは送球間に二塁まで到達したマルテに代えて木浪を投入。その木浪が高山の左前適時打でホームを踏んだ。指揮官は「特別なことではないと思う。取れるところでチャンスの広がるような形でどんどん出していった」と攻めの交代を説明した。