<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム5-4巨人>◇14日◇札幌ドーム

日本ハム中田翔内野手が4番の仕事を果たした。1点を追う7回2死2塁で左腕高木から左前へ同点適時打を放ち、勝ち越しへの流れを引き寄せた。

「無心というか、来た球を強く打とうとしか思っていなかった。アウトになったら仕方ないという気持ちでいった。安打になってよかった」と貴重な一打を振り返った。