<日本生命セ・パ交流戦:楽天11-2広島>◇14日◇楽天生命パーク

楽天のルーキーズが、アベックアーチで球団記録更新に貢献した。まずは2回、「9番捕手」で先発したドラフト2位太田光捕手が、床田の内角直球を左翼席ギリギリに運ぶプロ1号ソロ。

5回には「8番中堅」のドラ1辰己涼介外野手が続き、この試合チーム7本目となる2号2ランを右翼席に放り込んだ。

前日13日の9回に、代打でプロ初安打を放ったばかりの太田は、2夜連続のメモリアル打。「体が反応した感じ。ちょっと出来過ぎな感じはあります」と笑顔をみせた。辰己は「自分のスイングをしようと(本塁打を)狙ってました。ボール球を振らなくなったのが成長だと思います」と胸を張った。

辰己の本塁打を次打者として見守った太田は「自分のことのようにうれしかった」。辰己も「太田も正捕手目指して頑張っている。自分も負けないように切磋琢磨(せっさたくま)していきたい」。新人たちが下位打線からチームを支える。