◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム5―4巨人(14日・札幌D)

 日本ハムの王柏融(ワン・ボーロン)外野手(25)が、決勝の3号2ランを放った。中田の適時打で同点に追いついた直後の7回2死一塁で、巨人の左腕・高木のカットボールを右翼席最前列へと運んだ。

 お立ち台に上がったヒーローは「中田選手の同点タイムリーもあったので、どうしてもランナーをかえしたいと思って打ちました」。決勝の一発が本拠地1号となったことには、「このホームランは私にとって記念的だと思います。チームに勝利をもたらせたからです」と胸を張った。

 チームは引き分けを挟んで3連勝。栗山監督は「柏融らしさが出ていた。本当にいいホームランだった」とたたえた。リーグ首位に加えて、交流戦の単独首位にも浮上。逆転勝利を呼び込んだ助っ人は、日本語で「札幌ドームの皆さん、応援ありがとうございました」とあいさつし、大きな歓声を浴びていた。