<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム5-4巨人>◇14日◇札幌ドーム

日本ハムは再三の好守が、道を切り開いた。1回無死一塁では、西川が中堅への飛球をキャッチ。5回には、大田が右翼フェンスに激突しながらもジャンプ一番、坂本の打球を好捕球した。

勝ち越して迎えた9回は、二遊間を抜けそうな当たりを、二塁手の渡辺が横っ跳びで阻止。走攻守で気迫あふれるプレーの連続に、栗山監督は「魂の積み重ねだけは、負けないようにしないと」。強さの秘密を口にした。