6月14日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンク対横浜DeNAの「日本生命セ・パ交流戦」第1回戦は、4対5で福岡ソフトバンクが惜敗した。

 福岡ソフトバンクは千賀滉大投手、横浜DeNAは今永昇太投手が先発を務め、ともに5月の「大樹生命月間MVP賞」に輝いたエース同士の投げ合いとなった。

 試合を先に動かしたのは横浜DeNAだった。3回表、千賀投手は9番・柴田竜拓選手に今季初ホームランを浴び、先制を許す。さらに4回表にはヒットと四球で2死満塁のピンチを招くものの、ここは千賀投手が粘りを見せ、三振に抑えた。

 反撃に出たい福岡ソフトバンク打線だったが、今永投手の前に、4回まで3者凡退に倒れてしまう。そんな良くない流れを止めるべく、5回裏の攻撃の前にはベンチ前で円陣を組み、立花打撃コーチが檄を飛ばした。すると、6番・松田宣浩選手が今日チーム初ヒットとなる同点ホームランを放つ。

 しかし直後の6回表、千賀投手が崩れた。3番・宮崎敏郎選手、4番・筒香嘉智選手に連打を許すと、5番・ロペス選手には死球を与え、無死満塁のピンチを招く。そして、1死から7番・ソト選手が満塁ホームラン。5対1と、一気に大きなリードを与えてしまった。

 4点を追う展開となった福岡ソフトバンクは諦めず、6回裏に甲斐拓也選手、7回裏に松田選手の今日2本目となるホームランで点差を詰めていった。8回裏にも1点を追加し、4対5と追い上げたが、横浜DeNA中継ぎ陣の前に勝ち越しならず。

 1点ビハインドで迎えた最終9回裏、横浜DeNAの守護神・山崎康晃投手を相手に先頭の松田選手が四球で出塁し、犠打で進塁するも、後続が続くことができずに試合終了。

 4対5と1点差で敗れた福岡ソフトバンクは、ランナーを置いた場面でのあと一本が出なかった。また、先発した千賀投手は6回5失点と悔しい投球内容で、今季2敗目を喫した。6回表にソト選手に許した満塁ホームランが大きな痛手となってしまった。 文・後藤万結子