<日本生命セ・パ交流戦:オリックス6-4阪神>◇14日◇京セラドーム大阪

先発はオリックス成瀬、阪神西。オリックスは初回、ロメロの8号2ランで先制。阪神は2回、梅野の適時打などで2点を返した。

阪神は3回以降成瀬を打ち崩せず、0点が続く。オリックスは2回以降、元同僚西を攻略できず追加点はなし。成瀬は6回で降板。

阪神は7回に連打で2点を勝ち越し。オリックスは8回、西野の右翼越え2点適時打などで逆転。阪神は連敗。西が6敗目。オリックスは連勝。エップラーが今季初勝利、増井が18セーブ目。