<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム5-4巨人>◇14日◇札幌ドーム

巨人は3回、ビヤヌエバ、重信の2連続長短打で好機を広げ、2死二、三塁から日本ハム有原の暴投で2点を先制した。

巨人は4回、大城の右翼線二塁打で1点追加。日本ハムは6回無死満塁から渡辺の犠飛、代打の代打杉谷の適時打で2点を返した。

日本ハムは7回、先頭の西川が執念の内野安打で出塁。2死から二盗を決め、中田の左前適時打と王柏融の3号2ランで逆転した。

日本ハム有原が8勝、ロドリゲスが1セーブ、巨人高木が1敗目。