6月14日、メットライフドームで行われた埼玉西武と東京ヤクルトの「日本生命セ・パ交流戦」第1回戦は、11対1と打線が爆発した埼玉西武が大勝。投げては高橋光成投手が今季初の完投で、自身5連勝。7勝目を挙げた。

 埼玉西武が初回から積極的な攻撃を見せる。東京ヤクルト・ブキャナン投手に対し、1死から源田壮亮選手と外崎修汰選手の連打で1,2塁とすると、山川穂高選手、森友哉選手、中村剛也選手の3連打で3点を先制。この5連打が全て3球以内という積極的なスイングで、幸先の良いすべり出しとなった。

 先発の高橋光成投手が4回表に1点を返されてしまうも、その裏、打線が強力に援護する。無死満塁から2つの押し出しと外崎選手の適時打で4点を加えると、さらに満塁の場面で、打席には「通算満塁本塁打数、交流戦の通算本塁打数・打点数1位」の中村選手。2球目、高めの直球を完璧に捉えた打球は、レフトスタンドへ飛び込む通算18本目のグランドスラムとなり、11対1と大きくリードを広げた。

 大量援護をもらった高橋光投手は、走者を出しながらも要所締める投球を披露。8回表には満塁のピンチを背負うものの、後続を打ち取った。そしてそのまま最終回のマウンドへも上がると無失点で切り抜け、11対1で試合終了。

 先発の高橋光投手は、9回125球、10安打7奪三振1失点で今季初完投勝利を飾った。打線も4回に8得点を奪うなど、14安打11得点と爆発。中村選手は満塁本塁打を含む2安打5打点の活躍を見せた。 文・沼田悟