フィギュアスケートでバンクーバー五輪男子銅メダリストの高橋大輔(33)=関大KFSC=と平昌五輪代表の田中刑事(24)=倉敷芸術科学大大学院=が14日、地元・岡山県倉敷市内で行われた西日本豪雨災害復興チャリティートークショーに出席した。

 今後の取り組みについて問われた田中は「やっとおとといフリーを作った。またあさってからアメリカでショート(SP)を作る」と、新シーズンへ向け着々と動いていることを報告。「来シーズンはもっと、プログラムを通して成長する姿を見せたい」と語った。

 SPはまだ曲も決まってないというが、振り付けを終えたフリーの雰囲気については首をかしげながら「事件?」と意味深に説明。司会から「起きちゃいますか?何かが」と問われると「起きないように頑張ります」と答え、会場をナゾの空気に包み込んだ。