<日本生命セ・パ交流戦:オリックス-阪神>◇14日◇京セラドーム大阪

阪神ジェフリー・マルテ内野手(27)が勝ち越し適時打を放った。

2-2の7回。先頭の原口が右前打で出塁すると、梅野が犠打をきっちり決めて1死二塁。マルテが比嘉の初球、125キロスライダーをとらえ、左前適時打を放った。「自分の打てるゾーンに来たら、全部打つ気持ちだった。しっかりランナーをかえすことが出来てよかったよ。チームに貢献することが出来て最高だね」。2点を追う2回も原口が出塁し、梅野、マルテと続いて同点に追いついた。原口を起点にチャンスで打線がつながった。

さらに1死二塁から高山が左前適時打を放ち、代走木浪の激走で1点を追加した。「何としても追加点のほしい場面だったので、命がけで打ちました」と気合で追加点を奪った。