◆日本生命セ・パ交流戦・ロッテ―中日(14日・ZOZOマリン)

 ロッテは二木康太投手(23)が8回1/3を投げ6安打4失点。今季自己最多10個の三振を奪う力投を見せたが、5勝目はならなかった。

 0―1の7回にレアードの通算150号となる19号ソロで同点としたが、9回1死から大島に四球を与えると、大島の二盗で捕手・田村が二塁へ悪送球。一気に1死三塁のピンチを招くと続くビシエドに左前打を浴びた。さらに高橋にもバックスクリーンへの2ランを被弾し、万事休した。