「交流戦、オリックス-阪神」(14日、京セラドーム大阪)

 古巣のオリックスを相手に先発した阪神・西勇輝投手が、七回1/3を投げて6安打5失点で降板した。

 初回に一発を浴びて先制点を許した。2死から吉田正に左前打で出塁されると、続くロメロには、外角寄りの直球を完璧に捉えられた。バックスクリーンに運ばれる2ランを被弾。痛恨の先取点を奪われた。

 この回以降は安定感抜群の投球を披露。しかし、八回につかまった。連打で無死一、三塁とされると、福田に左前適時打。無死一、二塁から代打・鈴木に犠打を決められて1死二、三塁としたところで矢野監督から交代が告げられた。

 1死二、三塁の場面で登場した2番手・藤川。吉田正に四球を与えて満塁に。迎えたロメロは空振り三振に仕留めたが、続く西野の3球目が暴投となりその間に三走・後藤が生還して同点とされた。なおも二、三塁。西野には、右翼越えの2点適時三塁打を浴びて勝ち越しを許した。