「交流戦、楽天11-2広島」(14日、楽天生命パーク宮城)

 広島が今季ワーストの7被弾で今季5度目の3連敗(1分け挟み)を喫した。

 先発の床田が初回、先頭の茂木に直球を右中間席へ運ばれ、先制点を献上。続く島内に右前打、浅村には四球を許し一、二塁のピンチを迎えた。そして4番・ブラッシュには左中間席へ3ランを運ばれた。2死からウィーラーに左翼席へソロを浴び、この回3被弾で5点を失うまさかの立ち上がりとなった。

 二回も先頭の太田に左翼ポール際へソロを許すと、2死走者なしからは浅村に右中間席へソロを被弾。二回途中6安打、5本塁打7失点で降板した。

 今季初登板となった2番手・薮田も三回に犠飛、四回には浅村、五回には辰己に2ランを浴び失点を重ねた。

 攻撃陣は二回に会沢の7号2ランで反撃したが、大量失点で三回以降は沈黙した。

 広島は交流戦で4カード連続初戦黒星、2勝7敗1分けで最下位に低迷。巨人が敗れたためセ・リーグの首位陥落は免れたものの、苦しい戦いが続く。