「交流戦、ソフトバンク-DeNA」(14日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの松田宣浩内野手がチームを鼓舞する2打席連発を放った。

 まずは1点を追う五回だ。DeNA先発の今永のカットボールを完ぺきにとらえた打球は左翼席の中段へと飛び込む同点13号ソロとなった。このひと振りまでソフトバンクは今永の前に1人の走者も出せずにいたが、続く六回には甲斐にも本塁打が飛び出し、この日一軍復帰の上林も安打を放った。

 松田は2対5で迎えた七回にも、またしても今永から左越えの14号ソロ。追撃アーチを放つと逆転勝利の願いを込めて、この日2度目の「熱男」の雄叫びをヤフオクドームに響かせた。