「交流戦、楽天-広島」(14日、楽天生命パーク宮城)

 楽天のドラフト2位新人・太田光捕手が、プロ初本塁打を記録した。3点リードの二回。先頭打者で広島先発・床田の直球を左翼ポール際に運ぶソロを放ち、貴重な追加点をたたき出した。

 前夜のヤクルト戦(楽天生命)では、九回に代打で登場して右前へ運ぶプロ初安打を記録。この日は、プロ初本塁打となり「昨日、初ヒットが出ていたので、多少、楽な気持ちで打席に入れた。ホームランはたまたまです」と笑顔だ。

 記念球に関しては「ボールは親に渡したいと思います」と話した。太田は広島・広陵から大商大を経て昨年度のドラフト2位指名で入団した。

 初回から打線爆発の楽天は、四回までにチームタイの6本塁打。さらに先発全員安打となった。