<日本生命セ・パ交流戦:楽天-広島>◇14日◇楽天生命パーク

広島床田寛樹投手(24)が2回途中までに5被弾を浴びて7失点。プロ入り最短の1回2/3で降板となった。ふがいない投球に、降板後のベンチではタオルで目元を拭った。

1回、楽天1番茂木に先頭打者弾を浴びると、無死一、二塁で4番ブラッシュに左中間席へ3ランを浴びた。2死からウィーラーにソロ本塁打を許し、この回5失点。2回に立て直すことができず、先頭太田にプロ初本塁打を献上すると、浅村には右中間席に運ばれ降板となった。