<レイズ3-5エンゼルス>◇13日(日本時間14日)◇トロピカーナフィールド

【タンパ(米フロリダ州)13日(日本時間14日)=斎藤庸裕】エンゼルス大谷翔平投手(24)が、メジャー史上初の快挙を成し遂げた。レイズ戦に「3番DH」で出場し、第1打席で本塁打、第2打席で二塁打、第3打席で三塁打、第4打席で中前打を放ち、サイクル安打を達成。メジャーでは日本人初の快挙で、投手で2勝以上を挙げ、サイクル安打をマークしたのは、1921年のジョージ・シスラー以来、98年ぶり。投手登録選手の達成は史上初の大記録で、メジャー史に「OHTANI」の名を刻んだ。

   ◇   ◇   ◇

歴史にその名を刻む打球が、センター前で弾んだ。一塁ベース上、普段はクールな大谷が、笑った。投手登録選手では史上初、そして日本人メジャー初のサイクル安打を達成。「うれしかった」と素直に喜んだ。 24歳の若者の偉業に敵地が本拠地のような雰囲気に包まれる。スタンディングオベーションの拍手喝采。歴史的な一打に「偉大な先輩がいる中で初めて達成できたというのは、すごくうれしいですし、自信になる」とほおを緩め、穏やかな表情を見せた。

“チーム最優先”という大谷の真骨頂が土台にあった。記録を意識したのは「三塁打を打った後」。5回の第3打席で王手をかけ、同僚からの期待も一気に高まった。だが、打席ではチーム打撃に徹した。2点リードの7回2死一塁。1ボールからの2球目、3球目をフルスイングした。「単打を打ちたいなということはなかった」。長打を打てば貴重な追加点が入る。さらに「四球でも良いですし、自分の仕事をしたいなと。ボール、ストライクの判断もできていた」。注目が“サイクル”一点に集中した中での冷静な状況判断。強振から一転、フルカウントから8球目の甘く入ったスライダーは、コンパクトに振り抜き中前に運んだ。記録よりもフォア・ザ・チームが偉業につながった。

メジャー2年目。既に熟練された思考がある。この試合でエ軍で通算200号を放ったプホルスを「毎日、毎日、人よりも練習を重ねたり、見てて勉強になるというか、手本になる」と敬った。試合前のフリー打撃で、常に微調整を続ける大打者をすぐ隣で目に焼き付ける日々。そんな2人は常に「チームに貢献する」と口にする。ギャエゴ三塁コーチは「若い選手はヒットや本塁打を打つことばかり考えがち。でも彼(大谷)はゲームに勝つことを考えている」と評する。結果に固執しない。そんなベテランさながらの気構えがある。

サイクル安打達成直後よりも、勝利後に満面の笑みを見せた大谷。「チームも勝っていましたし、良い流れではきていたので。必ず打たなきゃみたいなプレッシャーは、そこまでなかった」。いつも通りの冷静さが生んだメジャー史上&日本人初の快挙。試合後はクラブハウスでビールのシャワーを浴びた。「初勝利とか初ホームラン以来でしたけど、いつやられてもうれしい気持ち」。初めての記録に、最後は少しだけ浸った。