◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム―巨人(14日・札幌ドーム)

 巨人の大城卓三捕手(26)が適時二塁打を放ち、3点目を奪った。

 2点リードの4回1死一塁。先発・有原の1ボールからの2球目。内角の直球を振り抜き、右翼線へはじき返した。「追加点がほしい場面で打ててよかったです」とコメントした。

 エンドランでスタートを切っていた一塁走者の岡本は、全力で腕を回す三塁コーチャー・元木内野守備兼打撃コーチを見て、本塁へ激走。貴重な3点目の本塁へ滑り込み笑顔を見せた。