◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム―巨人(14日・札幌ドーム)

 巨人は2点リードの4回1死一塁、大城の適時二塁打で1点を追加した。

 ランエンドヒットが鮮やかに決まった。一塁走者の岡本がスタートを切ると、大城の打球は右翼線へ。岡本は全力で走り、一気に本塁を陥れた。

 巨人先発のメルセデスは4回を終えて8三振を奪い無失点。