◆日本生命セ・パ交流戦 楽天―広島(14日・楽天生命パーク)

 バレーボール女子元日本代表で、リガーレ仙台で主将を務める佐藤あり紗(29)が14日、楽天対広島戦(楽天生命パーク)の始球式を務めた。

 仙台市出身の佐藤は、人生初の始球式。振りかぶって投げ込んだ球は、惜しくもワンバウンド投球となった。佐藤は「とても緊張してしまい、ワンバウンドにはなってしまいましたが、地元の仙台で夢だった始球式をさせていただき、本当に楽しかったです。このような機会をいただけたことに感謝して、バレーボールも野球も盛り上げていけるように、これからも頑張りたいと思います」と話していた。

 佐藤が所属するリガーレ仙台は、チームの公式戦初戦となった9日の全日本クラブカップ宮城県予選(多賀城)を突破し、同全国大会(8月9日開幕、福井)の出場権を獲得した。