「交流戦、楽天-広島」(14日、楽天生命パーク宮城)

 連敗ストッパーに期待された広島・床田寛樹投手が5本塁打を浴び、二回途中6安打7失点で降板。ベンチに戻ると、タオルで涙を拭う一幕もあった。

 初回、先頭の茂木には直球を右中間席へ運ばれ、先制点を献上。続く島内に右前打、浅村には四球を許し一、二塁のピンチを迎えた。そして4番・ブラッシュには左中間席へ3ランを運ばれた。

 続く銀次の中飛でようやく1死を奪い、今江も右飛に仕留めた。だが、2死走者なしからウィーラーに左翼席へソロを浴び、まさかの立ち上がりとなった。

 二回に会沢の7号2ランで反撃してもらったがその裏、先頭の太田にプロ初本塁打を献上。2死から浅村にも一発を浴び、1回2/3、6安打5本塁打7失点で降板。2番手として今季初登板の薮田がマウンドに上がった。

 床田は前回の7日・ソフトバンク戦で六回途中4失点で敗戦投手になっていた。