ロッテ・福浦和也内野手手兼2軍打撃コーチ(43)が1日限定で1軍に“昇格”した。14日の中日戦(ZOZO)では「ALL for CHIBA習志野市」として開催され、試合前セレモニーで、習志野高校野球部の元監督・石井好博氏(70)が始球式では打席に入り、観客から歓声を浴びたベテランは「今日は『習志野デー』ということでこのような、なかなかない機会をいただき、本当に光栄なことですし、ありがたいですね。母校の吹奏楽部の皆さんも昨年に引き続き、今年も応援していただけるということでうれしく思います。これからも選手の後押しとなるような応援をよろしくお願いします」と感謝を述べた。

 始球式で教え子に投球した石井氏は「このような機会で投げることができたのは福浦君がここまで頑張ってきてくれたおかげです。投球はいいところを見せたかったのですが。その分吹奏楽部の皆さんはいい音を出してくれました。100点満点です」と話した。

 また、試合前には習志野高校吹奏楽部によるグラウンドでの演奏パフォーマンス、国歌演奏が行われた。