◆卓球ワールドツアー ジャパンオープン荻村杯 第3日(14日、札幌市・北海道立総合体育センター)

 女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク15位の佐藤瞳(21)=ミキハウス=が初戦を突破した。台湾選手に4―1で勝利した。

 北海道・函館市出身の佐藤にとっては、待望の凱旋(がいせん)試合だった。「北海道は自分にとって特別な場所なので、決まった時からすごく楽しみにしていて。でも、あまりそこを考えすぎないように普段のワールドツアーと一緒の気持ちでやろうと思っていた」。気持ちを引き締めて臨み、シード選手として、きっちりと16強入りを決めた。

 2回戦はリオ五輪女王の丁寧(中国)と激突する。地元の声援を力に「一つ前の香港OPでは1回戦で中国選手に勝てたという収穫があったり、連戦で得たものを成長につなげられている。最後まで諦めないプレーを見せられたらいいかなと思います」と意気込んだ。