「レイズ-エンゼルス」(13日、セントピーターズバーグ)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が「3番・指名打者」で出場し、メジャー日本人初のサイクル安打を達成した。

 またも伝説を作った大谷に、古巣の日本ハムからも喜びの声が挙がった。大谷を二刀流で育てた栗山監督は「翔平に対する思いは別にして、今日1日あのサイクルで頑張ろうと思えるぐらい、喜びを野球は与えられる」と感慨深げ。続けて「ホッとするというか、良かった。褒めはしない。全部ホームラン打てって」と、言葉とは裏腹に満面の笑みが広がった。

 先輩の大偉業に、清宮も衝撃を受けた様子で「テレビで見てました。打った瞬間、『オオッ』という感じでした。さすがです」と感嘆。ドラフト1位・吉田輝は「すごいですね。記録を作るのはかっこいい。(自分も)プロの舞台で(偉業を)達成できたらうれしい」と、あこがれを口にした。

 大谷は初回無死一、二塁の打席で先制8号3ランを放つと、三回は左中間二塁打。四回の36分の停電中断をへて試合が再開された後の五回の打席で右翼線三塁打。偉業まで残り単打とした七回の打席で中前打を放ち、偉業を達成した。