◆レイズ3―5エンゼルス(13日、タンパベイ・トロピカーナフィールド)

 エンゼルス・大谷翔平投手(24)が13日(日本時間14日)、敵地でのレイズ戦で日本人メジャーリーガーでは初となるサイクル安打を達成した。大谷自身も日本時代含めて初。メジャー通算326度目で、エンゼルスでは2013年のトラウト以来7人目(8度目)の偉業だ。

 初回の1打席目に中堅左へ8号3ランを放つと、2打席目に二塁打、3打席目に三塁打を放ってリーチをかけ、7回2死一塁の4打席目に中前安打を放ってサイクル安打とした。試合後のコメントは以下の通り。

 ―サイクル安打の喜びは

 「相当上の方のうれしさかなと思います。シーズンの終盤でチームも勝って、これ以上の喜びを達成できたらなと思います」

 ―サイクル安打はどこで意識したか

 「(3打席目に)三塁打を打った後、みんなに言われたのでそこから意識しました」

 ―最後の打席は狙ったか

 「単打を打ちたいということはなかったですけど、フォアボールでもいいですし、自分の仕事をしたいなと思っていたので。しっかりストライクとボールの判断もできていたので、すごくいい打席だったと思います」

 ―日本人では初の快挙だが

 「単純にすごいうれしいなと。偉大な先輩達がいる中で、初めて達成できたことはすごくうれしいですし、自分の自信になるんじゃないかなと思います。もっともっと活躍できるように今後も頑張りたいです」

 ―左投手相手に長打を複数打ったが

 「初回からしっかりいいスイングができていてよかったですし、左投手に対していい見え方で結果もよかったけど、内容もよかったのが、自分的には納得できるんじゃないかなと思います」

 ―2週間前までは不調だったが、何が変わったか

 「毎日毎日、この方がいいかなと思って取り組むところはある。それのよかった、悪かったの繰り返しかなと、今日やりたかったことが今日はいい方に出てくれたかなと思うので、それを継続してやっていきたいです」

 ―最近スイングの下半身の使い方は変わったか

 「構えの段階もそうですし、微調整は下半身だけではなく、上半身も常に。1打席1打席変えることもあるので、それでよかった、悪かったの繰り返しているかなと思います」

 ―プホルスもホームランを打ったが

 「本当に毎日毎日何かしらの記録を塗り替えているような印象なので、そのくらい素晴らしい選手ですし、それでも毎日毎日、人よりも練習を重ねているところは、本当に見ていて勉強になりますし、手本になるなと思っています」

 ―どういう意味を持つサイクル安打か

 「ホームランがもちろん打てる上で、三塁打も打てる走力がないとできないと思うので、そこは単純にこういう舞台でできる自信にしていいのかなと思いますし、それを明日以降継続できるかが一番大事かなと思います」

 ―ナインからの祝福は

 「僕も(通訳の水原)一平さんも、ビールをかけてもらった。初ホームラン、初勝利の時以来だったけど、いつやられてもうれしいなという気持ちかと思います」

 ―記念のボールは

 「何も考えていないですけど、球団の方が保管してくれているみたいです。どうするかは全然決めてないです」

 ―これまで二刀流など批判の声も大きかったが、見返した気持ちは

 「特にそういう気持ちはないですね。自分とチームが勝って、成長したいなという気持ちだけなので。そういう意味では今日はすごくいい一日かなと思っています」