「レイズ3-5エンゼルス」(13日、セントピーターズバーグ)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は「3番・指名打者」で出場し、メジャー日本人初のサイクル安打を達成した。初回の打席で8号3ラン、三回に左中間二塁打、五回に右翼線三塁打、七回に中前打。今季初の1試合4安打で打率を・281とし、チームの3連勝に大貢献した。

 サイクル安打の偉業を敵地ファンも立ち上がって祝福した。七回の中前打で記録を達成した大谷は一塁ベース上でフェリシアーノ一塁コーチの祝福の声に反応。差し出された両手に上からタッチして笑みを浮かべた。

 「達成した時はうれしかったですね。ただ、すぐ切り替えて、ゲームは続いていたので、ベンチに帰った時にみんなが喜んでいたのでよかったかなと思ってます」

 試合後のクラブハウスでは仲間たちから改めて祝福された。「僕も一平さん(通訳の水原氏)もビールをかけてもらって、(昨年4月の)初勝利とか初ホームラン以来でしたけど、いつやられてもうれしいなという気持ちかなと思います」と明かし、表情を緩めた。