◆レイズ3―5エンゼルス(13日、タンパベイ・トロピカーナフィールド)

 エンゼルス・大谷翔平投手(24)が13日(日本時間14日)、敵地でのレイズ戦で日本人メジャーリーガーでは初となるサイクル安打を達成した。大谷にとっても日本時代含めて初。メジャー通算326度目で、エンゼルスでは2013年のトラウト以来7人目(8度目)の偉業だ。

 初回の1打席目に中堅左へ8号3ランを放つと、2打席目に二塁打、3打席目に三塁打を放ってリーチをかけ、7回2死一塁の4打席目に中前安打を放ってサイクル安打とした。試合後にはナインにビールをかけられて祝福された大谷は「単純にすごいうれしいです。(日本人の)偉大な先輩たちがいる中で(初めて)達成できたことは自信になるんじゃないかなと思います」と喜びを口にした。

 サイクル安打は3打席目に三塁打を打った後に「みんなに言われたので意識しました」という。最後にシングルヒットが残ったが「単打を打ちたいとは思わなかった。フォアボールでもいいので自分の仕事をしようと思った。(フルカウントからの安打で)ストライクとボールの判断もしっかりできていたのですごくいい打席だった」と振り返った。