◆レイズ―エンゼルス(13日、タンパベイ・トロピカーナフィールド)

 エンゼルス・大谷翔平投手(24)が13日(日本時間14日)の敵地でのレイズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。初回無死一、二塁の1打席目に、センター左へ8号3ランを放った。2試合連続弾でメジャー通算30号となった。

 試合開始直後の一撃だった。無死一、二塁で迎えた打席。カウント1―1からの3球目真ん中に入ってきたシンカーを完全に捉えた。打球角度19度という弾丸ライナーでの一発。飛距離126・2メートル、打球速度は178・6キロだった。

 レイズの先発はライアン・ヤーブロー投手(27)。196センチの長身左腕で、昨年7月に対戦した際には空振り三振、中飛、空振り三振の3打数無安打に抑えられた。昨季、メジャーデビューし、38試合の登板でいきなり16勝。今季もこれまで5勝2敗、防御率5・31の成績を残している。

 大谷は11日(同12日)のドジャース戦で前田から7号ソロ。8日(同9日)にマリナーズ・菊池から放った6号に続いて日本人投手から本塁打を放つなど、試合前まで6月は10戦4発と好調だ。この日の試合前練習ではセンターバックスクリーン右の看板上部付近へ推定飛距離150メートルの超特大弾を放つなど、38スイングで8本がサク越え。2戦連発へ期待を抱かせるスイングを見せていた。

 さらに試合前には1990年に49本塁打を放つなどかつて西武で活躍し、現在はレイズの解説者を務めるオレステス・デストラーデ氏(57)とも談笑。流暢な日本語は健在で、最後には「ガンバッテネー!」と激励を受けていた。