◆報知新聞社後援 第68回全日本大学野球選手権大会第4日 ▽準々決勝 東海大4―3大商大(13日・神宮)

 準々決勝4試合が行われ、明大(東京六大学)はドラフト1位候補のエース・森下暢仁(4年)が、東洋大(東都大学)を相手に7安打完封勝利。東都との“神宮決戦”を制し1981年以来、38年ぶり選手権制覇に大きく前進した。東農大北海道(北海道学生)は、投げてもMAX147キロを誇る主砲ブランドン大河内野手(3年)の3ランなど打線が爆発し7回コールドで初の4強進出。佛教大、東海大が15日の準決勝に駒を進めた。

 東海大・杉崎が3回の適時失策を挽回する同点弾を放ち、優勝した14年以来の4強入りに導いた。昨春リーグ開幕前日に左ひ骨を骨折し、昨年は松葉づえ姿で観戦。今大会からマウスピースで歯をくいしばり、1点を追う6回先頭でバックスクリーン弾。「取り返せてよかった。目標は日本一」。ともに東海大相模で小笠原(現中日)らと15年夏の甲子園V戦士の宮地恭平が、6回2死一、三塁で右翼線に勝ち越し二塁打。3試合連続逆転勝ちで、高校&大学日本一にM2とした。