◆レイズ―エンゼルス(13日、タンパベイ・トロピカーナフィールド)

 エンゼルス・大谷翔平投手(24)が13日(日本時間14日、午前8時10分開始予定)の敵地・レイズ戦のスタメンに「3番・指名打者」で名を連ねた。

 大谷は11日(同12日)のドジャース戦で前田から7号ソロ。8日(同9日)にマリナーズ・菊池から放った6号に続いて「日本人投手連続撃破」を果たした。6月に入ってからは10試合で4本塁打と調子を上げており、2戦連発、メジャー通算30本塁打に期待がかかる。

 レイズはライアン・ヤーブロー投手(27)が先発予定。196センチの長身左腕で、昨年7月に対戦した際には空振り三振、中飛、空振り三振の3打数無安打に抑え込まれた。昨季、メジャーデビューすると38試合に登板していきなり16勝。今季もこれまで5勝2敗、防御率5・31の成績を残している。エンゼルスのスタメンは以下の通り。

 1(遊)フレッチャー、2(中)トラウト、3(指)大谷、4(一)プホルス、5(左)プエーリョ、6(右)カルフーン、7(捕)スミス、8(三)ラステラ、9(二)レンヒーフォ、投=スカッグス