<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム2-2広島>◇13日◇札幌ドーム

日本ハム西川遥輝外野手が同点の口火を切った。1点を追う延長10回の先頭で右翼への二塁打を放ちチャンスをつくると、1死三塁から王柏融の適時二塁打で同点のホームを踏んだ。「(塁に)出ることだけを考えていた。負けなかったことが大事だし、なんとか粘ることができた」と振り返った。